やさしくわかる犬の股関節形成不全症ケア

BOOK CONTENTS
1 股関節の解剖
   可動域、可動制御、動揺と安定性、関節液、関節包、筋肉支持、股関節の成長
2 股関節形成不全症:その疾患について
   関節液の異常、かすかなサイン、歩様の変化、リモデリング過程
3 診断:臨床症状
   起立を嫌がる、動きと歩様、正確な診断、高齢犬
4 非外科的治療
   若齢犬:ダイエットと肥満・運動制限・保存療法の成績、高齢犬:体重管理・運動管理・処方箋による薬物療法、抗炎症薬、代替治療によるアプローチ:処方箋無しで買える薬・鍼治療・ハイドロセラピー(水治療法)・ホメオパシー・立証されていない治療法
5 外科的治療
   恥骨筋切開術、恥骨結合癒合術、三点骨盤骨切り術、大腿骨頸延長術、転子間内反骨切り術、寛骨臼蓋骨切り術、BOP法―臼蓋関節形成術、大腿骨頭切除術・切除関節形成術、股関節全置換術
6 発生の制御方法
   選抜方法、検査方法、X線写真の評価、繁殖のための選抜、繁殖計画の価値
付録:日本でのHDに対する取り組み

 


ウインドウを閉じる