動物看護学テキスト

第1章 診療までの対応
 1. 受付での対応:電話での対応/来院後の対応
 2. 待合室での対応:待合室での注意点/動物が排尿、排便、嘔吐してしまった場合の処置
 3. 診察室での対応:診察室への入室/診察の補助/診察終了後
 4. 衛生管理:清掃/感染症の動物の診察・入院に伴う注意点/院内感染を防ぐ方法

第2章 各種検査
 1. 一般身体検査:頭部/体幹部/生殖器/四肢/体温・心拍数・呼吸数の測定
 2. 血液・生化学検査:採血/血液検査/血小板、赤血球、白血球の形態/塗抹標本の作製/
   血液化学検査/マイクロピペットの使用法/顕微鏡操作手順
 3. 尿・糞便検査:尿検査/採尿法/尿検査の方法/結果の記入法および評価/糞便検査
 4. エックス線検査:エックス線の種類/被曝防止/レントゲン撮影
 5. 心電図検査:心電図検査の基本/心電図測定の実際

第3章 看護ケアの実際・基本編
 1. 輸液・留置:皮下投与/静脈内投与/輸液に使用するもの/輸液の実施/三方活栓
 2. 保定:適切な保定法/各保定法/状況に応じた保定/道具を使った保定
 3. 入院動物の看護:入院の準備/看護の実際/退院の手続き

第4章 薬にかかわる動物看護師の仕事
 1. 調剤法:獣医療で扱う薬剤/調剤の手順/調剤の注意点/調剤に用いる用具/調剤の実践/
   飼い主さんへの指導/薬剤の管理
 2. 注射薬:シリンジ/薬液の吸引法
 3. 滅菌製品の取扱い:ディスポーザブル製品の取扱い/医療廃棄物の取り扱い/各器具の取扱い

第5章 看護ケアの実際・応用編
 1. 輸血:血液型/ドナー/交差適合試験/輸血用血液の採血/輸血法
 2. 外科手術:手術に適した環境の整備/手術スタッフ/患者に関する事前の準備/手術当日の
   流れ/手術の流れ/術後管理/後片付け
 3. エマージェンシー:電話での応対/緊急時のアプローチ/エマージェンシーボックスの日常管理/
   薬剤の希釈
 4. 新生動物のケア:繁殖/妊娠/分娩/新生動物のケア
 5. ワクチン:免疫系の特異性と免疫学的記憶の利用/ワクチン
 6. フィラリア:犬糸状虫/犬糸状虫への対応/犬糸状虫症の予防薬/猫の糸状虫症
 7. ノミ予防駆除:ノミ/寄生の見つけ方/駆虫方法/駆虫剤の取り扱い上の注意



ウインドウを閉じる