動物臨床に役立つやさしい免疫学

総  論
T 免疫学の基礎知識
1.免疫の種類
 1)自然免疫
 2)獲得免疫
2.免疫担当細胞
 1)単 球
 2)B・T リンパ球
3.抗 体
 1)構 造
 2)種 類
 3)鍵と鍵穴の関係
 4)主な働き
4.免疫の種類と免疫担当細胞のかかわり
 1)自然免疫と獲得免疫の関係
 2)免疫担当細胞のまとめ

U 臨床現場と免疫のかかわり
1.抗体検査
 1)抗体陽性の意味
 2)抗体検査の時期
 3)抗体検査の原理
 4)いろいろな抗体検査
2.抗原検査
 1)抗原陽性
 2)抗原検査の時期
 3)抗原検査の原理
3.検査の注意点
 1)検出限界
 2)検査センターに検査を依頼する際の注意点

各  論
T 診断をつける際、免疫学的な検査が中心的な役割を果たす疾患
1.T型アレルギー・アナフィラキシー
 1)病 態
 2)一般的な治療
 3)診断のための検査
2.ウイルス・細菌感染症
(1) 犬のウイルス・細菌感染症:犬ジステンパーウイルス感染症、犬アデノウイルス感染症など、猫のウイルス・細菌感染症:猫ヘルペスウイルス感染症、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス感染症)、猫免疫不全ウイルス感染症など
 1)診断のための検査
 2)結果の解釈
 3)ペア血清での抗体価の測定
(2) 犬ジステンパーウイルス感染症、犬パルボウイルス感染症、猫汎白血球減少症
(猫パルボウイルス感染症)
 1)診断のための検査
 2)結果の解釈
(3)猫白血病ウイルス感染症(FeLV)
1)病 態
2)一般的な治療法
3)診断のための検査
4)結果の解釈
3.犬の犬糸状虫(フィラリア)症
 1)病 態
 2)一般的な治療
 3)診断のための検査
 4)検査原理
 5)結果の解釈

U 免疫学的な検査が補助的な役割を果たす疾患
1.猫の犬糸状虫(フィラリア)症
 1)病 態
2)一般的な治療
 3)診断のための検査
 4)結果の解釈
 5)その他診断に有用な検査
2.免疫介在性疾患─U型アレルギーによる疾患
 (1)免疫介在性溶血性貧血(IMHA)
  1)病 態
  2)一般的な治療
  3)診断のための検査
  4)その他診断に有用な検査
 (2)重症筋無力症
  1)病 態
  2)一般的な治療
  3)診 断
 4)その他診断に有用な検査
3.免疫介在性疾患─V型アレルギーによる疾患
 (1)全身性紅斑性狼瘡
  1)病 態
  2)一般的な治療
  3)診断のための検査
  4)検査原理
  5)結果の解釈
  6)その他診断に有用な検査
 (2)関節リウマチ
  1)病 態
  2)一般的な治療
  3)診断のための検査
  4)検査原理
  5)結果の解釈
  6)その他診断に有用な検査
4.猫伝染性腹膜炎(FIP)
1)病 態
2)一般的な治療
3)診断のための検査
4)結果の解釈
5)その他診断に有用な検査



ウインドウを閉じる