災害動物医療〜動物を救うことが人命や環境を守る〜

災害動物医療

■監修:羽山伸一/災害動物医療研究会代表、日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科野生動物学研究室 教授
■A4版 ■132頁 ■並製本 ■オールカラー 
定価:本体価格12,000円+税

数量   冊

書籍の案内

 MVM誌での連載「動物医療支援学」記事を再編集し、一部内容を刷新し、新たな1冊として刊行いたしました。〈災害と獣医学〉では災害時の動物の支援とはどのようなものか、〈地域での活動〉では各地域の獣医師会の取り組み、〈これからの災害動物医療〉では、シェルターメディスン、IT、そしてこれからの災害動物医療について、まとめられています。
 災害時に「なぜ動物を救助するのか」について、先生方のご経験、テクニカルな内容が詰まった、類書の無い一冊です。
 万が一に備え、ぜひ獣医師の先生方、そして動物にかかわる方々にお持ちいただきたい1冊です。

目  次

巻頭言 羽山伸一

〈災害と獣医学〉

【動物医療支援学とは何か】
 「『動物医療支援学』とは何か」羽山伸一
 「へき地動物医療と希少動物保護」羽山伸一

【災害時における獣医学の役割】
 「災害獣医学─災害における獣医学の役割─」田中亜紀

【アメリカにおける災害動物医療】
 「災害動物医療と獣医師の役割─アメリカでの体制─」田中亜紀
 「災害獣医学教育」田中亜紀

【重油流出事故と野生動物の救助活動】
 「重油流出事故と野生動物の救助活動」皆川康雄

〈地域の活動〉

【新潟県中越大震災における動物救護活動について】
 「新潟県中越大震災における動物救護活動について」遠山 潤

【東日本大震災における支援活動】
 「東日本大震災を経験した現地獣医師のあゆみ
 『After3.11:現地獣医師の想い・苦闘・そしてこれから』 座談会 in 仙台」
 小野裕之、安藤 太、小野寺秀之、河崎全宏、中尾 淳、丸山淳雄

【地方獣医師会の取り組み】
 「公益社団法人福岡県獣医師会VMAT 結成報告『地震空白地域からのメッセージ』」船津敏弘
 「群馬災害動物医療支援チーム(VMAT)の発足と活動について」小此木正樹
 「公益社団法人大阪府獣医師会における災害対策への取り組み」佐伯 潤
 「Special インタビュー 東京都の動物病院が考える災害時に対する心構えとその実践」小林元郎

【熊本地震における支援活動】
 「熊本地震発生時からの活動と状況および災害救援活動の視点」平井潤子
 コラム:船津敏弘、小川篤志

【熊本地震を踏まえた今後の被災ペット対策について】
 「熊本地震を踏まえた『人とペットの災害対策ガイドライン』の策定について」則久雅司

〈これからの災害動物医療〉

【災害時のシェルターメディスン】
 「シェルターメディスン」田中亜紀

【災害動物医療とIT】
 「災害動物医療と情報」羽山伸一、藤本順介

【これからの災害動物医療】
 「これからの災害動物医療」羽山伸一

イヌの僧帽弁閉鎖不全症[第2版]竹村直行著

東日本大地震の被害者の皆様へ