小動物臨床総合誌 MVM(エムブイエム)、小動物腫瘍臨床 Joncol(ジョンコル)、獣医眼科プラクティス、動物看護コアテキスト 発行-ファームプレス

犬と猫の腎疾患ガイドブック

犬と猫の腎疾患ガイドブック

■著:Jonathan Eliott&Scott Brown
■訳:宮本賢治
■B5判 ■132 頁 ■ソフトカバー ■カラー
■定価:本体価格9,500 円+税

書籍の案内

本書は、実用的な情報を簡潔明瞭な文章、図表、写真、挿入図により読みやすくまとめた腎疾患のガイドブックです。
腎疾患でよく使われる専門用語の定義に始まり、疫学、臨床像、腎機能検査法や画像診断、薬物および食事療法を含めた慢性腎疾患の治療までをカバーしています。腎疾患の診断・治療に悩む臨床家、学生の必携書です。

目次

第1章

腎疾患の臨床症状

1.1 犬猫の慢性人疾患の発生率
1.2 慢性腎不全動物の一般的な臨床症状
1.3 慢性腎疾患の段階
第2章

腎機能の評価

2.1 糸球体濾過と腎の排泄機能
2.2 血漿クリアランス法によるGFRの正確な評価
2.3 尿濃縮能による腎機能の評価
2.4 腎疾患の動物における尿中蛋白濃度の評価
2.5 窒素血症の動物に対し日常的に行う生化学および血液学的検査
2.6 完全尿検査
第3章

慢性腎疾患の動物に対するさらに詳しい検査

3.1 治療可能な原発性疾患の検出
3.2 腎不全の併発症と適応不全の検出
3.3 腎傷害をさらに悪化させる恐れのある併発疾患の検出
第4章

慢性腎疾患の治療

4.1 根本にある原発性疾患過程の治療
4.2 腎性二次性上皮小体機能亢進症の治療
4.3 全身性動脈性甲血圧の治療
4.4 糸球体毛細血管高血圧の治療
4.5 慢性腎不全猫における低カリウム血症の治療
4.6 貧血と慢性腎不全の治療
4.7 代謝性アシドーシスの慢性腎不全の治療
4.8 腎不全患者に対する食事療法の概要
4.9 慢性腎不全の犬猫における治療の要約