(50件 〜 56件)前の7件1頁 2頁 3頁 4頁 5頁 6頁 7頁 8頁 9頁 10頁 11頁 12頁 13頁 14頁 15頁次の7件


小動物外科シリーズ 骨盤領域
■監訳 : 西村亮平

■A4判  296頁  ハードカバー  オールカラー

定価:本体価格18,000円+税

犬猫の会陰ヘルニアや肛門から陰茎、包皮、雌の外陰部を含む「骨盤領域」における軟部組織外科について、それぞれの解剖学的領域によく見られる主な疾患を解決するための外科的手技が豊富な写真とイラストで段階的、かつ詳細に解説されています。臨床例のページでは、使われている手技の難易度と疾患の発生頻度が5段階で表示され、すべての小動物臨床獣医師にすぐに役立つ必携の一冊となっています。







小動物外科シリーズ 骨盤領域を




獣医腫瘍学テキスト
■監修:日本獣医がん学会
獣医腫瘍科認定医認定委員会
委員長 石田卓夫


■A4判 292頁 ソフトカバー オールカラー

定価:本体価格15,000円+税

日本獣医がん学会の獣医腫瘍科U種認定医ガイドラインに沿ってまとめた獣医腫瘍学の入門的テキスト










獣医腫瘍学テキストを




動物臨床に役立つやさしい免疫学
■谷口明子著

■B5判  84頁 ソフトカバー オールカラー

定価:本体価格4,200円+税

「動物臨床学に役立つ免疫学」にしぼり、基礎から応用までを図やイラストを使ってやさしく解説!







動物臨床に役立つやさしい免疫学を




MVM No.140 In Practice2013




定価:本体価格6,500円+税

MVM No.140 In Practice2013

3 猫の口腔疾患 1.歯周炎ならびに慢性歯肉口内炎
Review of feline oral disease
1.Periodontitis and chronic gingivostomatitis
訳:竹内文夫

9 猫の口腔疾患 2.その他の多くみられる口腔疾患
Review of feline oral disease
2.Other common conditions
訳:竹内文夫

15 猫の心筋症
Feline cardiomyopathy
訳:高橋真理・竹村直行

25 猫の貧血に対する診断アプローチ
Diagnostic approach to anaemia in cats
訳:青島美紀・竹村直行

35 猫伝染性腹膜炎アップデート
Update on feline infectious peritonitis
訳:廣井恵美・竹村直行

47 猫における再発性の下痢
Recurrent diarrhoea in cats
訳:大野耕一

61 猫の骨盤領域における疾患
Conditions of the feline pelvic region
訳:直井昌之

75 猫のバルトネラ感染症
Bartonella infections in cats:what is the significance?
訳:栗田吾郎






MVM No.140 In Practice2013を



インフォームドコンセントのための
犬と猫の臨床解剖アトラス
■訳:尼崎 肇

■A4判 88頁 オールカラー
オールPP加工 ツインリング製本

定価:本体価格9,000円+税



・健常状態に加え、病態や処置に関して、簡潔・明瞭にイラスト化!
・飼い主様へ、犬猫の現状の病態と今後の処置を説明するために役に立ちます!
・飼い主様との信頼関係を築くための診療補助ツールとしてご利用できます!
・説明のための書き込みも、全ページPP加工がしてあるため、水性ペン・短時間内であれば消せます!
・初学者の模擬診療でのシミュレーションに役立ちます!
・リング製本のため、見開きなどで本が傷むことはありません。
・背表紙でリングをカバーしているので、本棚保管でも一目瞭然、上品な仕上がりです。









犬と猫の臨床解剖アトラスを




小動物腫瘍診療の実際3
〜こんな症例が来院したら?〜
■著・監修:信田卓男
■著:圓尾拓也

■A4判 136頁 オールカラー 19症例掲載
■DVD:19チャプター(約38分)

定価:本体価格18,000円+税



様々な事情を持ち、動物に対しても様々な考え方のある飼い主に対して、満足していただく腫瘍診療を行うためには、基礎知識と理論・文献的裏付けを基盤に診療を行うことは当然のことですが、個々の症例に即応した手作りの診療を行うことが極めて重要であると思います。最近では幸いにもインターネット等で全世界の文献情報を得ることが誰にでもたやすくできるようになりました。しかし、臨床家に必要なことは、できるだけ多くの腫瘍症例を体験し、実践力を養うことだと思っています。腫瘍診療に百点満点はなく、私どもの診療に対しても多くのご批判を頂くことと存じます。しかし、私どもが経験したこれらの腫瘍診療の事実を読者の先生方に批判眼を持ってみていただき、それをたたき台に実践力を養成していただければ幸いと存じます。(「発刊にあたって」より一部抜粋)








小動物腫瘍診療の実際3を




小動物の軟部組織外科マニュアル
□監訳:田中茂男、浅野和之
□著:Karen M. Tobias

□A4判、504ページ、ハードカバー、オールカラー

定価:本体価格25,000円+税

・ 手術のタイプを体系付けて、皮膚、腹部、消化器、生殖器、会陰部、頭頚部やその他の領域における手術手技について章立てされています。

・ 各章ごとに、イントロダクション、術前管理・手術・術式に関するコツ、術後管理が解説されています。

・ 手術の習熟度や獣医師としてのキャリアなどに関係なく、すべての小動物臨床獣医師のために役立つ実用的なマニュアルになっています。

・豊富な術中写真に理解を助けるイラストが掲載され、視覚的にも術式の流れが非常に理解しやすい構成になっています。








小動物の軟部組織外科マニュアルを